業物の真実を試す世界:試し切りを本職に?

刀の良し悪し、中でも切れ味を検定するための試用「試し切り」は、その昔「様物」と書いて「ためしもの」と読まれていたそうです。試し切りというと、近年では竹に藁や畳の表などを巻いた「巻藁試し」が行われていると言われているようですが、江戸時代では、古い鉄や兜などで「堅物試し」と呼ばれる試し切りもあったようです。しかし、当時一般的だったのは、なんと人体をもって試す事だったと言われ、それも罪人などの屍か、またはまだ生きている人間に試す「生様」もしくは「生胴試し」と呼ばれる試し切りが実施されていたと言います。そもそも試し切りの元祖は、近江国の家臣だった戦国の将だったとされているようです。これには異説もあるようですが、試し切りの技法が代々家に伝えられ、この門系から現代、この道の名手を多く輩出している事から、有力な説だと考えられているそうです。この人物の多くの門人の中で、最も試刀術で有名な旗本がいたと言われており、さらにこの旗本に師事した者が、初めて試し切りを「本職」としたと伝えられています。そして次代、微禄ながら幕臣として取り立てられ、将軍や大名に下賜する刀、また献上された刀を管理する「腰物奉行」の配下「御様御用」となったと言われているようです。試し切りは、とある解説によると、江戸時代初期、縛り付けた人間に行うことも少なくなかったようです。また、死刑執行がそれに兼用されることもあったそうです。そして、元禄以降になると、罪人の死体で試すのが主流となっていったそうです。御様御用の家の者は、同心の代役として首を打ち、その結果、首なしとなった死体を試し切りにしていたそうですが、そのうち「据物稽古所」と呼ばれる死刑執行の稽古場が作られたと伝えられているようです。