国宝・日光助真

徳川家康ゆかりの日光東照宮に収められている、鎌倉中期の万工・助真が鍛えた太刀が日光助真です。
加藤清正から献上されたこの刀は、武家の頂点に立った家康が所持していた数多くの名刀の中でも、特に好んで腰に差していたと言われます。

摏は全体が黒漆塗で、柄に四葉文透かしの鉄鍔や赤銅の目貫ーなどがほどこされ、 華やかさを添えています。
また握りやすくくぼみを持たせる工夫などもあり、鎌倉時代を代表する天下一品と言ってよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です