真剣勝負と剣道

大老、井伊直弼を襲撃した水戸浪士の一人が記した書物に「刀を抜きて、間合いも確かに知らず、眼は仄暗く心は夢中なり。試合稽古とはまた一段格別なり」と記されたものがあるそうです。こういった急襲では、気が動転してからか、味方同士で打ちあい、傷を負う者が少なくなかったと伝えられているようです。勇猛と知られる武将も、初めて合戦に立ち会ったときは目の前が真っ暗になったという意味のことを語った者もいるそうで、お互いに殺しあう武器を持っての「喧嘩」を想定すればわかるように、斬り合いというものが与える恐怖は筆舌するには難しいものではないでしょうか。武士は、剣道を学び、道場での試合稽古を重ねて敵との距離感などを体に叩き込むことが非常に重要な修行であると心得、それなりに体得していると考えられているようですが、その修練の竹刀や木刀の代わりに、いざ真剣を持って相手に対したときには、道場で学んだと思われていた技術は全く役に立たないということを始めて感じるというからくりなのではないでしょうか。斬り合いと試合稽古とは、完全に異なる世界であることを示すものだと言えるでしょう。そもそも剣道は、打突部位が決められた競技であり、一方斬り合いは、もちろん打突部位など決められておらず、どこからどう攻撃するかもされるかも未知数と言えるでしょう。しかし、一昔前まで、剣道人には試合を真剣勝負としていた人が多くを占めていたと言われています。現代では、真剣勝負も斬り合いもない世の中となり、剣道もただ運動能力のみを競うだけで、剣道ならではの人格陶冶の道からは遠いところにあるのではないかと思ってしまうのも時代のせいなのでしょうか。もっと読む日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋